ブログ | ワン・ライフ訪問看護ステーションは相模原・町田・八王子を中心に訪問看護・リハビリサービスを提供いたします

ブログ

◎コラボレーション◎

2017.07.22

本日はいつもお世話になっている高根珈琲さんをお邪魔させていただきました。いつ行っても芳醇な香りの中、温かく迎えていただき、最高のサービスを提供してくださいます。
ワン・ライフでは地域で奮闘されているみなさまの力をお借りしながら、価値あるサービスを追求しています。
珈琲豆を挽く→淹れる→振る舞う→飲むを通じてお客様の笑顔を創ることができるのではないか。
高根珈琲さんとのコラボレーションのもと実現!
一つ一つの可能性にチャレンジあるのみ!!

DSC_0206

IMG_0078

IMG_0079

 

第一回健康教室 in リハビリテーションOne

2017.07.12

第一回健康教室を開催いたしました。
デイサービスを運営させて頂いているこの地域で何か恩返しが出来ないものかと思い、目標志向型デイサービス「リハビリテーションOne」の場所を使い、看護師と作業療法士が行いました。
とてもとても暑い中、8名の方々にご参加いただきました
ありがとうございました。

今後は毎週土曜日に開催を予定しています

19667666_480579615623675_5805820640968476948_o  19787525_480579625623674_5715689445076518094_o

19748569_480579612290342_6998658474451598776_n

思いをカタチに★

2017.07.07

ご利用者様の願い事、目標が叶うよう、全力で応援していきます!

たなばたh

 

【介護で活かそうリハビリテーションのWa】

2017.06.30

先週になりますが、ワン・ライフよりで地域で共に活動されている介護職の方々へお声かけさせていただき、勉強会を開催いたしました。
今回のテーマは「残存機能を生かした移乗動作の基本」。
弊社の理学療法士、八木と篠崎が担当させていただきました。
介護職の方々は日頃、ご自身の腰痛と闘いながら介助されている方も少なくありません。
利用者様にとって安全第一に、かつ限られた時間中で、ということが優先され、介助する側のお身体に無理がある場合があります。「介助する側」に無理があるということは、もしかしたら「介助される側」にとっても無理や不安が伴っているかもしれません。今回の勉強会を通じて、介助される側の状況も体感することで、両者にとって無理のないカタチを知るきっかけにしていただけたのではないでしょうか。
今回ご参加いただきました介護職、ケアマネジャーの皆さま、お仕事後のお疲れのところ、熱心にお付き合いいただきましてありがとうございました。
ワン・ライフは身体の使い方のプロフェッショナルである理学療法士・作業療法士が多数在籍しています。
介護職などの専門職に限らず、介護の現場でお身体を駆使されている方々のお役立てができるかもしれませんので、いつでもお気軽にご相談いただけますと幸いです。

 

【お問い合わせ先】
ワン・ライフ訪問看護ステーション(本部)
042-768-7955

 

IMG_02001 IMG_01341IMG_01901

 

【NEW】24時間体制ステーション構築に向けて看護師さん大募集開始!!

2017.06.09

ともに目指そう!在宅医療のプロフェッショナル!!

 

ワン・ライフ訪問看護ステーションでは、在宅医療チーム強化のひとつとして24時間サポート体制の構築準備を進めてまいります。ますます高齢化が進む中、在院日数の短縮に伴う早期退院、地域での看取りなどの推進が言われていますがまだまだ受け皿が十分とは言えません。

つきましては、在宅医療に力を入れたい方、病院では思うようなケアが難しいと感じている方など、一緒に地域医療をサポートする仲間を大募集しております。

        看護現場      在宅の様子

 

24時間体制を構築することでのメリット&デメリット

メリット

・在宅療養されている利用者様やご家族にとって、日勤帯以外の時間帯において(夜間・休日)も、在宅のプロに連絡・相談できることで安心して在宅療養生活を送ることができる。

・看護師等は日勤帯以外の時間帯の連絡・相談などを受けることで、生活状況全体を把握しやすくなり、日勤帯での対応に活かすことができる。➡その分、夜間帯の対応頻度を減らすことにもつながる。

・在宅医療サービスが充実していることで、早期退院した中重度の方々のサポートもしやすくなる。

 

デメリット(?)

・オンコール対応するということは、日勤帯以外においても電話番をするということ(いつ呼ばれるかわからない)になるので、看護師等にとってはプレッシャーを感じる可能性が大きい。

・夜間対応した際、翌日の勤務に支障を及ぼすのでは・・・ ➡ワン・ライフでは夜間対応していただいた場合の手当に加え、翌日も仕事の負担がかさまないようライフスタイルに合わせた勤務条件をご用意いたします!

1 / 1212345...10...最後 »
PAGETOP